鑑定 | KURAGE online

鑑定 | KURAGE online

「 遺骨 」 の情報 

「恐怖の島」で何が…旧日本軍人の遺骨がいまだに帰ってこない事情

タラワで見つかった遺骨について国がDNA鑑定を実施したところ、次々に身元が分かったのだ。タラワでの遺骨収容の経緯を取材していると、国による

沖縄戦の壕で発見の遺骨 8遺族がDNA鑑定を申請

今年3月に沖縄県糸満市内で見つかった沖縄戦の戦没者とみられる遺骨について、8の戦没者遺族が厚生労働省に対してDNA鑑定の実施を求める

戦没者の遺骨収集 帰還へ取り組みの加速を

再発防止策として厚労省は今年7月、新たに「戦没者遺骨鑑定センター」を省内に設置。外部の専門家を登用し、遺骨の科学的な鑑定や研究を行う

遺品ない戦没者の遺骨 DNA鑑定で初の身元特定 遺族のもとへ

太平洋戦争の激戦地の一つ、南太平洋のキリバス共和国で収集された戦没者の遺骨について、DNA鑑定で身元が特定され、日本の遺族へ返される

遺品ない遺骨の身元初特定 厚労省、キリバスで収集

厚労省は2003年度からDNA型鑑定を開始。氏名のある遺品や埋葬地名簿がある遺骨を対象に作業を進めていた。20年度からキリバスや硫黄島で収集した

遺骨は旧日本軍兵士 DNA鑑定だけで初の身元確認

太平洋戦争の激戦地・タラワ環礁で見つかった遺骨が旧日本軍兵士の男性と確認されたことが分かりました。遺品がないなか、DNA鑑定だけで身元が

シベリア抑留者追悼式典

... 疑いを把握しながら長年放置していた問題を受け、先月、厚生労働省は、遺骨の科学的な鑑定などを専門的に行うセンターを新たに設置しました。

元日本兵、77年ぶり無言の帰郷 シベリア抑留の岩泉さん遺骨、大間で遺族出迎え /青森

現地で埋葬されていたがDNA鑑定の結果、身元が特定された。県の担当者から遺骨を受け取ったおいの岩泉盛利さん(76)は「長い間、本当に

出兵から77年、故郷の大間に遺骨で戻る

... 青森県大間町出身の岩泉長治(ちょうじ)さんの遺骨が6日、出兵から77年の時を経て故郷に戻った。国によるDNA鑑定で遺骨が長治さんと判明。

シベリア抑留者の遺骨 故郷へ(青森県)

収集した遺骨をDNA鑑定した結果身元が判明しました。 ☆甥の岩泉盛利さん「どこで何歳で亡くなったのかはっきりしていなかったからただ写真を見

Copyright© 鑑定 | KURAGE online , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.