鑑定 | KURAGE online

鑑定 | KURAGE online

「 DNA 」 の情報 

DNA鑑定に関する信用性、地裁は判断ぶれた- 川本瑞紀・乳腺外科医裁判被害者参加弁護士に聞く ...

せん妄と性被害は両立し得るから、鑑定結果が最も重要. 2020年9月19日 聞き手・まとめ:星野桃代、高橋直純(m3.com編集部)

沖縄 戦没者の全身遺骨/遺族、DNA鑑定申請へ

青森県深浦町に事務局を置く、戦没者の遺骨収集ボランティアグループ「みらいを紡ぐボランティア」が今年3月、沖縄県糸満市で旧日本兵とみられる

遺品ない戦没者の遺骨 DNA鑑定で初の身元特定 遺族のもとへ

太平洋戦争の激戦地の一つ、南太平洋のキリバス共和国で収集された戦没者の遺骨について、DNA鑑定で身元が特定され、日本の遺族へ返される

遺骨は旧日本軍兵士 DNA鑑定だけで初の身元確認

太平洋戦争の激戦地・タラワ環礁で見つかった遺骨が旧日本軍兵士の男性と確認されたことが分かりました。遺品がないなか、DNA鑑定だけで身元が

現場近くの住民からもDNA 「拒否して疑われるの嫌」

鑑定の結果、DNA型が皮膚片などと一致。3月、男は逮捕された。DNA型が決め手の一つとなった。 この事件の捜査で警視庁は商店街や周辺の地域を

仙台市の死体損壊事件 遺体は逮捕された専門学校生の母親 DNA鑑定で判明

... が特定できませんでしたが、その後のDNA鑑定で村上容疑者と同居していた母親で、美容室経営の村上淑さん(55)と確認できたということです。

準強制わいせつ罪に問われた乳腺外科医弁護団の主張

証拠鑑定を行った科学捜査研究所(科捜研)が、DNAの増幅曲線や検量図のデータを残していないこと、DNA抽出液も証拠鑑定後に破棄したことなど、

乳腺外科医の控訴審有罪判決、中川会長「体が震えるほどの怒り」

証拠鑑定をした科学捜査研究所(科捜研)が、DNAの増幅曲線や検量図のデータを残していなかったり、DNA抽出液を証拠鑑定後に破棄したと証言したことから、

科学の敗北~乳腺外科医の裁判~

証拠鑑定を行ったのは科学捜査研究所ですが、驚いたことに、DNAの検量図などのデータを残しておらず、検体は鑑定後に破棄したと証言しているそうです。

「一昔前の冤罪判決そのもの」 乳腺外科医に逆転有罪、弁護側は上告へ

(2)科捜研の鑑定結果の評価について1審は、女性の乳首から検出されたアミラーゼとDNAは、触診や別の医師との会話などで付着した可能性があることなどから「

Copyright© 鑑定 | KURAGE online , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.